医師におすすめの保険投資

損失リスクが少ない資産運用の一つといえば「保険投資」

資産運用を行おうと思えば、検討材料の一つに入ってくるのがコレ、保険ではないでしょうか。

そもそも、みなさんの イメージの中では、ケガや病気の際に保障してくれるもの、と言うように解釈されていますが、実は中には投資に適しているものもあるのです。
というよりは、適していると言った方がいいかもしれませんね。

一般的に掛け捨て型、貯蓄型と2つに分けられることが多いと思いますが、詳しくわけてみれば、もっとたくさんの種類が用意されていますので、その種類を簡単にご紹介していきますね。

節税対策として利用する人もいる手堅い資産運用方法

投資制の高いと言われる変額タイプ、インフレに影響されにくい外貨建て、安定した積み立てが可能な低解約返戻金型、最もリスクが低いと考えられている個人年金型など、もし保険に関して資産を運用するのであれば、専門家、あるいは詳しい友人、知人に一度相談されるのがよいと思います。

もちろん、中には節税対策として利用されている方もいらっしゃいます。
生命保険控除制度を利用することで、所得税や住民税を軽減することができますし、生命保険の非課税枠をうまく活用することで相続税を軽減することもできるのです。

医師の皆さんにとっては、大きな投資というよりは、手堅く運用していきたいと考えられる方も多いと思います。
そう考えてみれば、とてもおすすめの資産運用方法の一つと考えられます。
ぜひポートフォリオに組み込んでみられることをお勧めします。